共働きでの子育てをうまく進める工夫

女性が社会で活躍することが求められてきています。
たとえ結婚や出産をしても社会の中で働き続けるアクティブな方も多くなってきています。

その時に課題となるのが、子育てと仕事をどう両立させていくかということです。
どうしても家事や子どものことは女性に負担がかかりがちです。

そのため、特に女性がやりたい仕事をあきらめるケースも出てしまいます。
男女どちらも社会の中で輝けるように、共働きを続けるための準備をしっかりしていきましょう。

まずは取り組んでおきたいのが、子どもの預け先の確保です。
待機児童の多い地域では、保育所に入れるという事自体が難しい場合も多いです。

出産後では間に合わず、出産前から保育園について考えなくてはならないということもあります。
育休終了時点で預け先がないということを防ぐため、公的な保育所以外に民間の保育サービスなども探しておきましょう。

さらに、預け先が決まっても、もしもの時に助けてくれる人的ネットワークを築いておくことも大切です。
熱を出した子は元気であっても保育園で預かってもらえません。

そのたびに休みを取るという事が難しい場合、やはり仕事をあきらめるしかないということになりがちです。
実家の両親がもしもの時に駆け付けられる位置に住居を決めるということや、助けてくれる友人関係を築いておくということも共働きでは必要なことです。

もちろん会社側にも急に休むことがあるということを伝えておき、休んでも影響が少ないように普段の仕事をしっかりこなすということも心がけたいところです。
このように家事と仕事の両立にはある程度の工夫が必要なのです。

工夫をするのに、「まずはどうすれば良いだろうか?」と悩んでいる方に是非見て欲しいサイトがあります。
それは、こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です